■三人寄れば文殊の智恵

  • 何人かで話し合ったほうが、様々な視点での意見が出るし、それに刺激されて気づきや発想が生まれる

■メンバーの考えを見える化

  • 重要なことはメンバーの考えを1枚の図にすること、それによって重要な課題を共有することができる(口頭では何も残らない)

■誰も簡単にできるツール

  • テーマをシート中央に記述して、その周りに意見カードを貼っていく

【5つの特徴】

(1)簡単で誰でもできる、すぐにできる

  • カードに書いてワークシートに貼っていくだけなので、誰もが参加でき、すぐに行うことができます
  • 一人の意見に誘導されずに、参加メンバー全員の声を平等に聞くことができます

(2)5ステップでゴール(解決)へと導く

  • 問題発見から問題解決までがチャート化されているので、確実にしかも効率よく問題を解決することができます
  • ある問題の解決策を生み出す場合には、①問題の範囲を特定し、②それが与える影響を考え、③それが起きる原因を深掘りし、④対応策のアイディアを出し、⑤具体な改善活動に落とし込む、という5ステップで行います。

(3)楽しくスピーディに、ワイガヤで盛り上がる

  • カードゲーム風に行いますので、みんなでワイワイガヤガヤ、気軽に楽しい雰囲気で進めることができます。罰ゲームで更に盛り上がります
  • 30秒ルールを採用することで、沈黙をさせない許さない仕組みになっています

   

(4)”みんなで考え、みんなで決める”が共感を呼ぶ

  • ゲーム風に順番でアイディアカードを出し、またその評価も全員でしますので、採択した案に対する“共感”が生まれます
  • 各ステップごとに、重要な意見カードを絞り込むための評価基準があるので、合意形成がし易くなっています。

(5)広い視野でアイディアを発想できる

  • 理詰めでダメなら、類推(アナロジー)や逆転の発想を使って画期的なアイディアを引き出します

 

【ワークシート発想法】